関西・健康経営推進協議会の設立背景

設立主旨(平成30年2月1日設立)

働き方改革が具体的に展開されていく中、従業員に健康投資をすることで健康増進や活力を向上させ、結果として業績向上や企業価値向上を目指すことは必要不可欠な経営手段である (中略) 当協議会が健康経営®を推進することで社員の生涯健康化と企業の生産性向上の双方を実現し、健康な社会づくりに貢献する。

活動ポリシー

健康経営®を切り口として各種イベント等を開催し、参加企業との関係性を構築することで、賛助会員並びにサポート会員の健康経営®の発展と共に商品・サービスの販売促進を図るなど新しいヘルスケア産業創出に貢献する。

*健康経営®
健康経営®とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる 」との基盤に立って、 健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味している。
経済産業省では優良な健康経営®に取り組む法人を「見える化」し、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として社会的に評価を受けることができる環境整備のため平成26 年度から健康経営®銘柄の選定、平成27年度から健康経営優良法人認定をスタートしている。

なぜ、健康経営®が必要なのか?

  • 経営資源であるヒト、モノ、カネ、情報、の中で最も難易度が高く、調達に時間を要するものはヒトである。
  • ヒトの犠牲や忠誠を前提とした人材マネジメントは終焉し、ヒト=企業価値、コストから投資の時代への転換
  • 企業価値はESG(環境[ヒト]、社会、ガバナンス)へと変化しており、社員の健康管理を軽視すると企業の存続が危うくなる

「健康経営®は利益率(ROA)に好影響を及ぼす」との研究結果があり、健康経営®はこれからの会社経営に必要不可欠である。(スマートワーク経営研究会中間報告より:日経スマートワークプロジェクト)

  • 「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。